階段式簡易昇降機

住居や職場の階段にレールを這わせて設置し、荷台を昇降させることで大きな荷物や重い荷物を上げ下げする簡易荷揚げ機です。特に、昇降機を設置するスペースがない場合や、床の開口ができない構造の場合に階段式が使われています。

お客様の通行と兼用になるため、階段幅が1メートル20センチ以上あれば設置が可能です。台車は幅65センチが標準サイズとなっています。(台車幅が大きくなると稼働中の揺れの原因や通行スペースが狭くなるために危険な場合があります。)また台車形状は水平台車などの特注製作も可能です。

階段だけでなく、山の斜面に使用することで、林業や太陽光パネル設置の作業などにも広く使用されています。

stair01
階段に自転車専用昇降機を取り付けられ、自転車を駐輪場へ移動しています。
stair10
ビルオーナー様が弊社HPをご覧頂きまして導入されました。
stair09
使用していない階段を利用して昇降機を設置されました。
stair08
搬入した商品をローラベアリングに積み替え横移動できるようにしました。
stair07
レールからモータまで完全特注で荷揚げスピードも毎分10m(通常よりも遅く)に設定してあります。
stair06
階段幅が狭く荷台寸法を450mm角にし、人の投降スペースを確保しました。
stair05
今回はレールを支える支柱を工夫しました。
stair04
精密医療機器の製造会社様。製造工場内には女性社員が多く機械の部品の運搬に苦労されていました。
stair03
二階の作業場に荷物を運びたいという要望があり、弊社小荷物専用昇降機を設置。
stair02
とても人力ではしんどく昇降機の設置を決められました。効率も上がり、体力的にも楽と喜んでいただいています。
stair01
階段に自転車専用昇降機を取り付けられ、自転車を駐輪場へ移動しています。
scroll-to-top